まさに「ありがとう経営」

石川経営研究会 新谷眞康と申します。

 

県内に婦人服小売業を3店舗経営しております。

 

 

今期の社長方針は「顧客接点を沢山持とう!お客様の笑顔の為に」です!

 

特にありがとうを伝えるだけではなく、形にしようと取り組んでいることがいくつかありますので紹介いたします。

 

社長が実践している事

 

P1000866.jpg  毎月渡す給料明細と一緒に、いつも頑張ってくれてありがとう!の手紙を渡す。

  社員さんの携帯に毎日ありがとうメールを送信する。

  お客様(私が知っている限りの方)に毎週日曜日、ありがとうメールを送信する。

  手書きのお礼状や、名刺交換時の手書きのハガキを必ず出す。

・ 13の徳目、理念と経営の経営者の会での勉強

  P1000864.jpg 

社員さんが実践している事

  お客様にありがとうカードを渡している。(購入時や来店時など、とにかく全員に行き渡るように) 

  社員さん同士での援助をしてもらった時に、ありがとうカードを渡しあっている。

  お客様に手書きのハガキ115名必ず出している。

・ 13の徳目、理念と経営、社内勉強会での勉強(創刊当初から続けています!)

  新入社員さんが最初にもらったお給料日にご両親に「生んでくれてありがとう」の手紙を書いて渡してもらっている

P1000865.jpg 

とにかく「ありがとう」を伝えるプラス形にしてもらっています!

その方がお客様や社員さんに喜んでいただけるからです!

 

これからもお客様や社員さんに喜んでいただける「ありがとう」を形にして行き、地域社会に貢献できるような会社にします!

 

まさに「ありがとう経営」を実践している会社です。