我が社のありがとう

今回のありがとう経営の紹介は

広島市のタクシー会社、

つばめ交通の取り組みを紹介します。

 

今回の「我が社のありがとう」は、

山内社長が続けておられる広島駅北口のタクシーの乗降場所での「ドアサービス」のことについてです。

 

約一年前、乗務員の管理職との営業会議の中で、

「降車時のドアサービス」の提供を我が社の乗務員が他社との差別化、

「お客様感動の追求」の目的の中で、

「広島駅北口(新幹線口)でのお客様のお降りの際も完璧にできれば良い

ですね。」の発言から、社長が「良い事だ。私がすぐにはじめよう」と。

朝の7時半から9時までの毎日(社長が出張等予定ある日と日曜日は除く。

その場合別の管理職がサポート)始りました。

一番の成果は、新人乗務員も入社して即、社長と同伴で一週間余り行動を

共にします。

社長の「背中」を観て、新人さんも頑張られます。

また現職乗務員さんも「社長」の姿を観て、感謝をし、感動し、「誇りを

持ったようです。

 

そして、春、一年が経ち、社員の皆様から一年間の労いを込めて、「色

紙」が送られました。

 

  社長北口色紙①.jpg 

社長の「行動力」また「頑張り」に本当に感謝し、

「行動こそ真実」の実践を本当に身近に感じたことです。

ありがとうございます。