地元広島へ、名産品を通じて、ありがとう

今回は広島西経営研究会、会長 西村俊一様が行っている

「ありがとう経営」の報告が来ましたのでご紹介します。

 

私の会社は、有限会社西漬(にしづけ)。

漬物の製造、卸、惣菜の小売りを商っています。
自慢の商品は、広島菜漬。

広島菜漬は、信州野沢菜漬・九州菜漬と共に日本三大菜漬の一つ。

広島土産、贈答品として、知名度も上々。

地元の名産を作っていることに、誇りを持ち、広島に感謝し、生産農家の方に感謝しています。


その感謝の気持ち、ありがとうを地元広島にお返しするため、

西村は、6年前から、小学校での漬物教室を続けています。

 

  西村教室1.jpgエコロジーを考えて、地産地消を実体験する、素晴らしい授業と、歓迎されています。

今年も、広島市佐伯区の市立五日市小学校で、

3年生百四十人に広島菜漬作りを教えました。

 

西村教室2.jpg作り終えた子供達から、たくさんのありがとうを頂いた西村は、

改めて食文化を継承する自分の仕事に感謝し、

働いて成果を作り出す社員さんに、支えてくださる地元のお客様にありがとうを言います。

ありがとう経営の好循環のなか、

西村社長は、「広島の自慢できる名産品を知ってもらいたい」と今日も頑張っています。