「13の徳目」を活用した朝礼で社風向上!

「13の徳目」を活用した朝礼で社風向上!

 

わが社は創業39年、埼玉県内ブリキ缶を製造している会社です。

以前から、「職場の教養」を活用した朝礼を行っていましたが、

今年、5月より「13の徳目」をプラスして朝礼を行い始めました。

 導入時は、「上手くいくかな?」と不安もありましたが、

案ずるよりも産むが安しで思った以上に社員さん、パートさんが

誠実にそして楽しんで取り組んでくれています。

 

 私が感じた良かった点、成果は、

l        反省できる人間になれる。毎日の反省が大切(13の徳目のチェック)

l        考える力がつく。一人一人の考え方を知ることが出来る。(今週の質問の発表)

l        気づく人間になれる。(今日の気づきの発表)

l        職場の仲間に対して、周りに対して感謝の気持ちが強くなった。(今日のありがとうの発表)

l        社員さん同士、お互いに承認する社風になった。(発表者に対しての拍手!)

 

最上製缶.jpg当社もこの不況で受注が落ち込んでいますが、

「理念と経営」の社内勉強会、ありがとうカード、「13の徳目」を

活用することで、さまざまな改善や対策が打てるようになっています。

 特に朝礼はプライベートから仕事モードに心を切り替える大切なものです。

これからも「13の徳目」を活用した朝礼を行い、

笑顔と感謝の気持ちがあふれる職場つくりに、みなで力を合わせ

「ありがとう経営」を実践して行きます。