「理念と経営」、13の徳目、ありがとうカードで会社が変わる

「理念と経営」、13の徳目、ありがとうカードで会社が変わる

 

愛媛経営研究会 会長 若城 博之

 

 当社は自動車・建設機械等の電装品の修理及び販売をしております。

下請け体質の業界ですが、数年前から車販や車検を始めエンドユーザーの比率も上がって来てお客様に対する接し方が今まで以上に重要になってまいりました。

 

 「理念と経営」社内勉強会は以前から行っていましたが、

今年から13の徳目を使った終礼(当社では終礼で使用しています)、

ありがとうカードを活用する様になり社内が徐々にではありますが変わって来た様に感じます。

 

「理念と経営」社内勉強会や13の徳目では色々な改善提案が出ます。

また社員さんの考え方を聞くことが出来ますし、経営理念を伝える場でもあります。

 

 ありがとうカードは社内で渡すだけでなく、修理でお預かりしたお車が修理完了した時に感謝の気持ちを込めて助手席にそっと置いておく様にしています。

 

 

wakagidennki.jpgまた、以前経営研究会で当社の社員さんが発表する機会を頂きました。その時に社員さんからありがとうカードを頂き大変感動いたしました。

 

社員のみんな、ありがとう!

 小さな積み重ねですが続ける事で社内が変わり、同業他社と比べ物にならない顧客満足を提供出来ると確信しています。