仙台経営研究会 感動コーポレーション様からの報告です。

「13の徳目朝礼」と「理念と経営」勉強会
を併用するメリットについて


当社では毎日の「13の徳目朝礼」を、そして毎月一回、お客さまでもあり、
仙台経営研究会の仲間でもある(下記に登場の)株式会社シャンパレスさん
と合同で 「理念と経営」勉強会 を開催しています。

まず、毎日の「13の徳目朝礼」。

昨年の1月から導入していますので、もうすぐ2年になります。
一番大きく変わったことは、人前で発言することに抵抗がなくなっていること。
最初のうちはおどおどしたり、あがってしまって言葉になっていない人もいましたが
近頃では話のまとめ方が驚くほど上手になっています。
これは、日常の仕事でもかなり役立っています。思いを伝えることができるように
なったことで、お客さまとのコミュニケーション能力も向上しているようです。
また、それまでの朝礼は暗い雰囲気で "やらされている" 感じが強かったのですが

「13の徳目朝礼」に切り替えてからは、みんなが自主的に、楽しんでいます。

IMG_1935.jpgそして、月一度の「理念と経営」合同勉強会。

当社は販売促進支援業。一方のシャンパレスさんはエステサロン。
お客さまも、やっている仕事も、商品も、まったく違います。
それなのに同じ設問についての意見交換で、考え方が、思ったより大きく
ズレることがないというのも驚きでした。
全然違う視点をもった、異業種である会社のスタッフ同士が意見交換を行うことは
とても刺激になります。仕事は違っても 「お客さまに喜んでいただきたい」 という

その思いは同じであることが確認でき、頑張っているのは自分たちだけではなく
みんな一緒なんだと思うと、勇気と力がわいてきます。

これらふたつを行うことで、「感謝の気持ち」が湧きあがってきます。

それは、一緒に働く社員さんへ、お客さまへ、取引業者さんへ、家族へ、といった
お世話になっている方々に対してはもちろんですが、今、こうして毎日元気に
生きて働かせていただいているすべての環境や事象に対しても、です。
これからも、今ここに生きていることに感謝できる自分たちでいられるよう
真摯に、しかし楽しみながら学び続けていきます。


仙台経営研究会 広報委員長
(株)感動コーポレーション・米谷仁