北大阪経営研究会 若林さんからの13の徳目の報告

北大阪経営研究会 若林さんからの13の徳目の報告

 

北大阪経営研究会 若林です。
弊社はプラスチック並び非鉄金属のパーツ加工を営んでおります。

2年前からコーチング型カレンダーを利用して各工場で朝礼を行っています。
朝礼のマンネリ化がその間幾度も繰り返しますが、その都度アイデアでカバーしております。

やり方としては発表者と感想者の方に13の徳目も発表してもらってます。
その中で、自己評価点を発表してもらい、何故その自己評価点だったのかを、振り返り発表を行います。

どんな時もいずれも拍手で承認をしています。

また、徳目カードを創っています。

13個の内、本日1番意識するカードを 名札の様に付けております。そうすることで、自分も意識することができ、また仲間も意識するようになります。

 

リーダーも設問毎で交代しております。リーダーになる機会を増やし、人前で話す訓練の機会にしています。

13の徳目に書かれている事は、あたりまえの事です。
しかし、それらを意識して生活できているとなると
疑問ですし、軽視している事があります。

そこで、1日1回仲間の前で発表し、意識を高める事で
人として大切な事を思い出し、かっこいい大人に近づける
と信じております。

また、組織の共通言語にもなり、人間力の 向上のツールになっております。

これからも、変化させながら、やり続けていきます。
ありがとうございます。