長野南信経営研究会 宮下さんからの13の徳目朝礼報告

長野南信経営研究会 事務局長の宮下 貴好です。

 

長野県の飯田市でハナブサ精機という金属加工の製造業をやっております。

弊社では、1年半ほど前から、朝礼で「13の徳目」を活用しております。

 

私どもの会社は、男所帯の製造業ということで、まず、「書くことが嫌い」であり、この13の徳目を朝礼で行うとしたところ、多くの抵抗がありました。

 

という中で、まず「自分の思ったことを書いてみようよ」という目的から始めました。

当初の朝礼では、今週の質問にも、1週間まったく同じことを書き、今日の徳目、気づき、今日のありがとう、の欄にはほとんど白紙の状態でした。

 

 しかし、これを続けながら、1年がたったころには、朝礼での発表も素晴らしいものになっていき、少しずつではありますが、いままで、ほとんどなかった「ありがとう」の言葉が社内にでてきております。

 

 継続するということはすごいことで、「13の徳目」での朝礼を続けてきたことで、社内の雰囲気が変わってきています。

自分の考えをまとめることができるようになり、いままでなかった、次工程(次工程はお客様)の人への気配りがでてきています。

 

 実際、私自身「ありがとう」が少なかったのが、「13の徳目」を毎日やっていくことで、自然に「ありがとう」がでてくるようになりました。

これは家庭でもそうで、今までなかなか言えなかった奥さんにも「ありがとう」が自然にでてくるようになりました。

 

何をするにも最初は抵抗がつきものです。それに負けず続けていくことで、社員さん一人一人が変わっていき社風が変わっていく。そんなことを感じながら、現在一緒に朝礼をやっています。

 

 13の徳目をこれからも続けていき、「ありがとう」があふれる会社をつくっていきたいと思います。

 

ありがとうございました。