尾張経営研究会の五十嵐辰弘さんからの社内勉強会報告です。

尾張経営研究会の五十嵐辰弘と申します。

愛知県名古屋市で自動車部品の製造・販売をしています。
弊社が社内勉強会を始めたのは社外研修以外で何か勉強する術がないかを模索していた中,
社長から「理念と経営」という1冊の本を頂いたのが始めたきっかけだったと記憶しています。

 

画像 002.jpg当初は私含め幹部社員5人でのスタートでした。
発表したい設問ごとにリーダー役を決めて進行をしていくといったスタイルをとることで
1人1人の場を取りまとめる能力をアップしていこうと毎月2時間ずつ行っていくなか,
徐々に設問に対する発表も自社の理念に置き換えて考えていけるように変化していきました。
そうしていくなかディスカッションをした時に、
お客様、仕入先、会社の仲間、自分の家族に対する感謝する素直な気持ちを全員で共有出来ることは、
会社の掲げる「一致団結」の精神に結びつくことになっていけるのだと気づきました。

勉強会で行った内容をフォーマットに纏めたのち社長にメールで報告し返って来るコメントも私達は楽しみにしています。

 

画像 005.jpg社内勉強会を始めてから早いもので3年が経ちますが、
参加人数も自然と増えていることによって会社全体の雰囲気にも最近とても変化を感じさせられます。
社内勉強会はコミュニケーションを深める良い交流の場にもつながっていると思いますし、
学ぶ姿勢を持ち続けることは自分の成長も含め、
会社全体で幸せになる為には必要なことだと思います。