三重経営研究会会長 加藤様からのありがとうカード実践報告

皆さん、こんにちは。三重経営研究会会長の加藤です。

我が社の教習所部門では、以前からストロークカードを実施していましたが、昨
年より「心にのこるありがとうカード」を使用するようになりました。
約40人ほどで使用していますが、年々枚数が増えています。
我が社の年間目標は、11月が起算日となっていますが、
平成18年が428枚
平成19年が1757枚
平成20年が3448枚
そして、21年度は5158枚となりました。

 

CIMG0410.jpg10月31日には、新年度の経営発表大会を社内で開催しましたが、その席で
「ありがとう大賞」を発表しました。「ありがとう大賞」とは、「この1年で誰
に一番心からありがとうを言いたいですか?」をアンケートで尋ね、一番、多い
票を獲得した社員を表彰するというものです。
その「ありがとう大賞」では、パワーポイントでその人を選んだ理由を映し出し、
皆が納得した中で1人が選ばれました。授賞式では、涙、涙の本当に感動した
「ありがとう大賞授賞式」でした。これからも毎年表彰したいと思っています。

そして、スタート月である11月は、「心にのこるありがとうカード」をチーム
で競い合うというゲームを実施しています。3人1組のチームで目標は、1ヶ月
で90枚ですが、既に目標を超えたチームが続出で日々熱いデッドヒートが繰り
ひろげられています。
11月は質より量で勝負し、温かいありがとうカードで職場を一杯になればと思
っています。


大東自動車(株)
加藤 光一