2010年3月アーカイブ

高校の野球部も使う13の徳目 長崎経営研究会の福田様からの報告

| コメント(1)

長崎経営研究会の福田です

「理念と経営」社内勉強会を実践して感じたことは、
当初設問表に対して空白が多かったが毎月繰り返し行うことで、
空白が無い様な状態になり、設問の発表でも、新入社員がここまで考えているかと、
ビックリするような発言があり成果がでてきました。

現在は勉強会の前に記入した設問用紙をコピーし、
それに他の人の発表での気付きや感想を書いて学びを深めています。

13の徳目朝礼も併用して行っていますが、雰囲気が良くなり、社員同士感謝の言葉が多くなりました。


一番の成果は、3日間職場体験できた高校の野球部の生徒に13の徳目とありがとうカードの指導をしたところ、
地元の波佐見高校の野球部が13の徳目を使い野球ノートを毎日書いています。


監督曰く「今までの一日の反省の野球ノートと違い、野球部用の設問と
今日の徳目、気づき、今日のありがとうを書くことによってチームワークが取れている感じがする。」と大変好評です。
甲子園で13の徳目を披露する日が来るのを望んでいます。

株式会社 オートピア 代表取締役 福田 琢磨

ありがとうブログは全国で注目されています。

| コメント(3)

全国の経営者から
ありがとうブログへの熱い視線を、知ることができました。

いま「ありがとう」経営の輪を広めるため「ありがとうブログ」が
各地を巡っておりますが、意外に経営研究会員以外の方々
から大きな反応があるんですね。

3月8日のブログに弊社の「理念と経営」社内勉強会と
「13の徳目の朝礼」について投稿をしておりましたところ。
先日愛知県犬山市の和泉さんという方から
弊社のブログを見て感動しました!とのお電話がありました。

改めてこの運動の素晴らしさと、もっともっと質を高めなければと
気が引き締まる思いでした。

ところが、もっと驚いたのは今日、お電話いただいた和泉さんから自社の
商品をお礼にと届いたことです。
社員皆で食べましたが、昔を思い出すなつかしの味でした。
本当にありがとうございました。

 

IMG_0042.jpg商品名は  ありがとうボーロ というお菓子です。

竹田製菓㈱  専務 和泉 達雄さんからでした。

IMG_0043.jpg 

あまりにも感動しましたのでお知らせいたします。

熊本経営研究会
㈱日本ビル管理  森本茂樹

佐賀経営研究会 江見製袋様の「理念と経営」社内勉強会の成果

月刊「理念と経営」社内勉強会

わが社では2006年9月からリーダー格の社員を中心に社内勉強会を始めました。
現在では社員さんたちで毎年グループを決め、日程も自分達で調整して全員で開催しています。
反発や抵抗もありましたし今でも大変と思う方もあると思います。
それでも工場で忙しく働き、お互い話し合う時間も少ない中、自分たちの意見を出し合う場として楽しんで活用してくれています。

 

CIMG0615.jpg社員さんの成長を一番実感したのは、今年の新年会で個人目標を発表してもらった時です。
昨年は高い目標を言えば頑張らなければいけないから、と控えめな発表をする社員さんも多かったのですが、今年は前向きな目標が自主的に発表されました。
この厳しい時代だからこそ、今まで学んだことを生かして乗り切ろうと結束が高まり、
やる気と社風が高まってきたのではないでしょうか。

まだまだいろんなことがあると思いますが、この仲間と共に学び続けて乗り越えていきたいと思います。

江見製袋株式会社 江見登吉

福岡経営研究会・ありがとう活性化委員会の「理念と経営」勉強会

福岡経営研究会・ありがとう活性化委員会での「理念と経営」勉強会の投稿をさせて
頂きます。

 

福岡経営研究会・ありがとう活性化委員会の平島健司です。

2010年3月10日「理念と経営」勉強会の様子を紹介させて頂きます。

 

ありがとう活性化委員会では本年度委員会活動の中で「理念と経営」の勉強会を
"ビッシリ"と実施する事を活動内容としております。

今回は2チームに分かれて"ビッシリ"と書かれた設問表を持参し、経営者用設問表
の設問2・3・5のディスカッションを80分間実施しました。

 

DSCN0090.jpg設問に対してのディスカッションはもちろん参加経営者の体験談やディスカッション
から更に深堀した内容の話を聞く事が出来きました。

参加経営者の数だけ物の見方や考え方があり"そういう考え方、視点があるんだ!"
という体験が出来てとても有意義な勉強会でした。

今後は更にこの勉強会の輪を委員会にとどまらず福岡経営研究会更に福岡の経営者に
知って頂き「共に学び、共に栄える」活動を実施して行きます。

DSCN0093.jpg 

(参加者の感想)

今まで、経営者・幹部の方々とこのような深いディスカッションをする事は有りませ
んでした。参加された皆さんの考え方、発表の仕方、質問の仕方、いつの間にか設問
内容から別のテーマにも変化し、それに対して深くディスカッションし、大きな「学
び」と「気づき」を貰った勉強会となり、得をした気分になれました。また、入会の
浅い私にとって会員の方々と勉強会を通して相手の考え方や心にもふれることが出
来、すごく親近感を覚えました。

 

DSCN0097.jpg来月の勉強会が楽しみです。ありがとうございました。

福岡経営研究会 中村 弘明様からの「理念と経営」社内勉強会の報告

福岡経営研究会 株式会社宣技堂 社内勉強会の意義を感じて・・

昨年より始めた社内勉強会、3グループで行なっています。
工場のスタッフ、営業、事務の方と、仲間意識を高めるコミュニケーションの場として、とても有意義な社内勉強会になっております。

日頃は、仕事の話が多い中、設問に対して、若い頃、苦労した話や辛かった時の話など、
この社内勉強会が無かったら到底聞けなかったような話が飛びかいワクワクする気持ちが芽生えて、
前向きな意見が沢山出てきているようです。
また、日頃、経営誌を読む機会が無かった社員の皆さんは、
少しばかりか経営という視点で物事を考えるようになったと感じております。

私は経営者として直接勉強会には参加していませんが、
皆さんが書いて頂いた設問表にコメントを入れて、壁に掲示する事で真剣に設問表を書いて頂いています。
その掲示した設問表を来社された銀行マンの方やお客様が立ち止まって読んで頂いて、
とても興味を示して頂いております。
これも当社の良いイメージ作りに一役かっている気がします。

今後は、改善活動につなげて行く事で、より良い社風が作れて行く事がとても楽しみです。
社員の皆様に本当に感謝します。

また、毎月この月刊「理念と経営」に命を注がれている田舞代表とスタッフの皆さんへ感謝申し上げます。

株式会社宣技堂 代表取締役 中村 弘明

北九州経営研究会 有限会社HARMONY様の「理念と経営」、13の徳目、ありがとうカードの実践

| コメント(1)

弊社は有限会社HARMONY、店名ハーモニーダイビングと申します。

 ダイビングライセンス取得を初級からインストラクターまで行ってます。
 また国内外のダイビングツアーも開催をしている会社です
今わが社で行っている事についてお話します。

①13の徳目朝礼について
朝礼が定例化し、「メリハリ」のついた時間に出来ています。
社員さんの昨日一日の心の動き、今日一日の決意を知る事ができ互いにアドバイスが送りやすく、
コミュニケーションがよりとれるようになりました。
また「理念と経営コーチング型」カレンダーと併用する事で全員の表情を見ながら、
理念、行動指針、各月のテーマを唱和する事ができ、何事にも感謝する事を念頭に置いて考える力がつきました。

②理念と経営勉強会について
弊社では社長は中に入らずに社員さん同士で行っております。
これにより管理と現場のコミュニケーションをより良くし、お互いを認め合うスキルを磨きます。
さらに異業種の方も自由に参加していただき、社内にいながらOFF‐JTのような緊張感ある勉強会になっています。
特に同じ問題であっても人によって全く視点、答え、考え方、行動までもが違い、
これら全てを互いに認め合う事で、価値観を共有しあう事が出来ていることに、私自身驚きと喜びを感じました。

③ありがとうカードについて
これは社員さんにお給料を手渡す際の封筒の中に入れています。
感謝の気持ちを込めて、だけれども「ありがとう」の言葉では伝えられない想いを、
このありがとうカードに載せて渡します。
最初は普段と違う事をするので不安はありましたが、
毎月手渡していると社員さんが真っ先にそのありがとうカードを読んでくれている姿を見て、大変嬉しく想いました。
感謝が感謝を生む素晴らしいアイテムです。

P1010299.jpg

北九州経営研究会 須藤様の「理念と経営」社内勉強会の様子

| コメント(1)

北九州経営研究会の須藤と申します。
 
当社は帽子を中心とした服飾雑貨小売業を営んでおりまして、
色々なショッピングセンターでお世話になっております。
スタッフも平均23歳と若く、経営とか理念とかいう言葉にまったく無縁?の会社でした。
 
そんなわが社でも先月の22日、『理念と経営』社内勉強会が開かれました。
勉強会を始めて、もうすぐ2年になろうとしています。
 
今回もたくさんのアルバイトさんと社員さん、そして他社の若い経営者の方々が来て下さいました。
印象に残った言葉をいくつか掲載させていただきます。
 
「スタッフ一人ひとりが働きやすい環境を作るには、一人ひとりが自発性を持たなければならない。」(27歳男性社員)
 
「クレームは全店で共有してこそお客さんの満足に繋がるので、私が今月からクレームクイーン♪になって各店舗のクレームを集めて全体メールに流します!」(23歳女性アルバイト)
 
「この勉強会は人間性を高めてくれるので、仕事だけではなく結婚生活や育児にも活かしていきたい」(29歳女性アルバイト)
 
「俺は今まで自分のわがままばかりを通してきたけど、理念にもある笑顔をスタッフや家族、友人にも創っていきたいです」(19歳男性アルバイト)
 
私は最後の方しか参加出来ませんでしたが、時給も発生しない遅い時間に、真剣にそして何より楽しく勉強してくれているスタッフ一人ひとりに感謝しております。
そしてこの環境を創って下さった日創研はじめとする多くの方々に感謝しています。
 
「皆様、ありがとうございます!」
「みんな、ありがとう!!」

勉強会(中津).jpg


 

北九州経営研究会 坂本自動車様の社内勉強会と13の徳目

| コメント(1)

弊社は北九州を中心とした自動車業及び、不動産業を行っている会社です。

13の徳目やコーチング型カレンダー、「月刊・理念と経営」の社内勉強会を取り組んで約一年半になります。
まずは、「書く」ということ。そして、「聴く」ということを取り組んでいくうちに、
僕を含め社員全員の「考える力」が凄く伸びたように感じます。

 

DSC_0894_640.jpgDSC_0896_640.jpgDSC_0926_640.jpg

 

 「考える力」を付けることで、判断能力や、処理能力、先見力や創造力が見違えるように強化されています。
その人その人の「可能性」を引き出すことは経営者には非常に大切な能力ではないでしょか?

自動車修理を今まで何十年間も一筋で行ってきた職人さん達。確かに「書く」「聴く」は苦手な事でしょう。
只、苦手だと決めたのも、自分です。このコーチング型十三の徳目や社内勉強会を通して、
今は設問表いっぱいに記入し、満面の笑みで発表してくれている笑顔から、心を磨く大切さを教えていただきました。

 

DSC_0944_640.jpg DSC_0945_640.jpg DSC_0946_640.jpg

 

人って気づいた時からが人生の自律だと実感しました。
今では自分で目標を立て学び続けている姿に敬服します。
勿論言うまでもありませんが、心を磨くことで技術の向上にもなっております。
人が人を創るという素晴らしさに日々感動をしております。

どうぞ、皆様も右手に「13の徳目」、左手に「月刊・理念と経営」を持ち笑顔で取り組まれて下さい。そして、皆様の会社の御繁栄と、皆様のこれからの御健康、ご多幸を心よりお祈り申し上げます。

熊本経営研究会から第2段の報告です。

熊本経営研究会さんからのありがとうブログ第2段です。

森本 茂樹様から13の徳目と「理念と経営」社内勉強会の成果が届きました。

 

弊社は熊本を中心として事務所ビルの清掃管理
  と半導体製造工場の超純水製造プラントの運転及び
  メンテナンスを行っている会社です。

  13の徳目朝礼を導入して1年半程になります。
  コーチング型の朝礼で相手の話の要点を的確につかむ力と
  自分の意見を的確に集約し相手に伝える力が見違えるほど
  高まってきました。
  まさに「聴き上手」は「話上手」「仕事上手」です!
  お客様の要望を的確に感じ取り、現場の社員さんの見えない声を
  迅速にとらえる力の強化になると断言します!
  まさに仕事上手な人財作りのOJTになっております。
  しかし朝から回転してない脳みそを回すのは大変で
  私に当てるな〃と願っていますが、そんな時にかぎって
  司会者は社長!と指名するんですね。
  毎日30分はみっちり時間をかけ行っており完全に定着しました

  これからは少しずつ各現場に浸透していきたいと思っています。

 

DSCF3784.jpg  「理念と経営」社内勉強会は7人グループを3つ作って毎月勉強会を
  しております。
  内務・営業・工事業務・サービスと一同に集まる時間が取れずそれぞれ
  ちがう日程で行っております。
  本をよんだり書いたり自分の意見を言うことが苦手な工事のスタッフは
  悪戦苦闘をしています。今まで自分の意見を誉めてもらったことが無い
  人ばかりで、自分の発表に手を叩いてくれることに気持ちよく喜んで
  くれており地道ですが、自分達が会社の代表として稼いでいるという認識が
  芽生えています。
  年間計画では月1回の飲みにケーションが入っており私の懐具合が
  ちと心配です。

DSCF3788.jpg 

  また私が中心となった、毎週月曜の課長対象の早朝勉強会に「理念と経営」「13の徳目」
  を教材に用いております。
  これは幹部の経営感覚を強化するために、わたしの考え方を伝える勉強会ですが
  とても役に立っております。
  お互いの経営に対しての共通の意思統一が計れます。
  また自分自身への「経営理念」のチェックが行えると思います。


  株式会社 日本ビル管理 代表取締 森本茂樹