高校の野球部も使う13の徳目 長崎経営研究会の福田様からの報告

| コメント(1)

長崎経営研究会の福田です

「理念と経営」社内勉強会を実践して感じたことは、
当初設問表に対して空白が多かったが毎月繰り返し行うことで、
空白が無い様な状態になり、設問の発表でも、新入社員がここまで考えているかと、
ビックリするような発言があり成果がでてきました。

現在は勉強会の前に記入した設問用紙をコピーし、
それに他の人の発表での気付きや感想を書いて学びを深めています。

13の徳目朝礼も併用して行っていますが、雰囲気が良くなり、社員同士感謝の言葉が多くなりました。


一番の成果は、3日間職場体験できた高校の野球部の生徒に13の徳目とありがとうカードの指導をしたところ、
地元の波佐見高校の野球部が13の徳目を使い野球ノートを毎日書いています。


監督曰く「今までの一日の反省の野球ノートと違い、野球部用の設問と
今日の徳目、気づき、今日のありがとうを書くことによってチームワークが取れている感じがする。」と大変好評です。
甲子園で13の徳目を披露する日が来るのを望んでいます。

株式会社 オートピア 代表取締役 福田 琢磨

コメント(1)

福田さん

驚きました。
野球ノートと13の徳目のコラボレーションとは。
波佐見高校野球部の今後を楽しみにしています。
また後日談があれば、投稿をお願いいたします。

            組織活性化 森脇