大阪経営研究会 橋本さんの13の徳目朝礼 報告

「13の徳目朝礼」を導入して
   株式会社 王宮 道頓堀ホテル
専務取締役  橋本 正権

㈱王宮 道頓堀ホテルは大阪の道頓堀でビジネスホテルと中華料理宴会場をしております。「13の徳目朝礼」は昨年の7月から始めました。もともと各部門に分かれて朝礼はしていましたが、トップダウン方式で一方的なものでした。
私が「13の徳目朝礼」の素晴らしいと感じるところは
① 全員が参加できる
② 毎日、昨日の「気づき」「ありがとう」を探すので、考える習慣がつく
③ 相手の発言に対して必ず肯定的なコメントを言うので、みんなが笑顔になってくる
④ 共に働く社員さんの今まで知らなかった、人間性や長所がたくさん見えてくる
⑤ 「昨日の今日のありがとう」の言葉で社風が良くなってくる
など、本当によくできた朝礼の方法だと思います。

実は、総務課長と経理主任は時間がないという理由で今まで朝礼に参加しませんでしたが
意を決して私が強制的に今年の5月から参加してもらいました。もちろん初めは
ふてくされていましたが、周りのメンバーが2人に、ありがとうの言葉や相手の意見の長所を認める発言を繰り返していくと1カ月もすると、あれだけ嫌がったのが嘘のように
前向きに参加してくれるようになりました。

 

MA330038.jpg今、私たちは「13の徳目朝礼」をとても大切にしています。そして自信を持ってこの朝礼を皆さんにおすすめすることができます。
最後になりましたが、この「13の徳目朝礼」を教えていただいた日創研さん、本当にありがとうございました。