鹿児島経営研究会 田中さんの「パートさんの意見が出てくる13の徳目」

株式会社GENKI 代表取締役 田中 揚


13の徳目は起業して2ヵ月後に導入いたしました。
我社は「スーパーマーケット」を運営しておりますが、日に日に状況が変わり、競争も激化しつつあります。
 
特に今月号(11月)は「販売力の強化」についての設問は本当に勉強させられます。
日常会話の中に「もっと○○してみれば...」「私がお客様であれば...」など会話も弾んで来るようになりました。
特に13の徳目と「理念と経営」の勉強会との同時進行は凄い効果があるように思います。

我社ではパートさんも含め全スタッフで交代で時間を決め行っております。
勤務時間の違う方同士や、部門別の方々とのコミュニケーションの場としても一役かってます。
上記にも書きましたが「消費者の立場」での意見が非常に多くビックリする場面も多々あります。
さすが、主婦の方々だと思います。

毎月設問に対して「むずかしすぎるよ~」なんて言いながらも、
必死に答えを搾り出して書いてきて参加して下さる事が回収した設問表からも伺えます。
現場でも頑張っていながら設問を持ち帰りご家族で設問に向かわれていらっしゃる方もいます。
いろんな方向からの答えを代表として語られてるパートさんを見ていると誇らしげにも感じます。
「これ!中学生の息子の解答なんだけど...」などの声もあったりします。
高校に行かなくてもいいから、是非我社へと思えるぐらいの解答も...
日本の将来も捨てたもんじゃないと本当に思います。

kagoshima1.jpg 

我社は昨年7月に創業し9月3日に新規出店いたしました。
人員については「地元採用」にベースをおいていた為・新風をおこしたかった為
ほとんどの方々が「小売を知らない(経験無)」素人の集団でした。
だからこそ「お客様のために...」「私だったら○○させるとうれしいし...」等々ストレートに・シンプルに受け入れられた様に感じます。

こんな成長意欲の高い皆様と共に働ける事は非常に嬉しいし・頼もしくも・ありがたいです。
今後も皆と共に「環境(街)をGENKIに!!」をモットーに頑張らせていただきます。