2010年12月アーカイブ

名古屋経営研究会 佐藤裕樹さん 13の徳目朝礼を始めてみて

| コメント(1)
株式会社オーヴァーレーシングプロジェクツ
佐藤 裕樹


名古屋経営研究会
㈱オーヴァーレーシングプロジェクツ 佐藤裕樹

 我が社は三重県鈴鹿市で『モータースポーツの街』でオートバイのカスタムパーツの
企画、開発、製造、販売と中古車輌の販売をしております。

ありがとう経営の取組みとして13の徳目朝礼・理念と経営社内勉強会を実施しております。
13の徳目朝礼では毎日のありがとうを伝えあうことで、ありがとうを意識し、
以前に比べてありがとうが随分多くなったように感じますし、自然に伝えられるようになりました。

導入当時は全員で行い、発表が当たってから考え曖昧な回答でしたが、
継続する中で考えることの大切さに気づき徐々に個々の意識とやり方が変わっていきました。
今ではパートさんにも参加してもらい、全員が発表する機会をつくるようにグループ分けをしています。

『13の徳目を考える⇒考える習慣をつける⇒新商品の企画・開発、現場の改善⇒お客様の満足』
となるよう全員で一丸となって取り組んでいきたいと思います。

IMG_0600.jpg

先日とてもうれしいことがありました。
7年前より地域貢献の一環で1ヶ月に1度『地域のゴミ拾い』をしています。
工場地帯ということもありゴミが多く、ポイ捨て、不法投棄で最初の頃は毎回すごいゴミの量でしたが、
7年も続けていると最近では本当にキレイになり、落ち葉を掃いたり、雑草を抜いたりがメインで
ゴミを拾うことがついでといった程度までなってきました。

ご近所、地域への感謝の取組みで始めた地域貢献ですが、毎回ご近所の方から「ご苦労様、
おはようございます。」と声を掛けていただけます。

先日、聞き慣れない会社様が来社され、わざわざお歳暮を持ってきて頂きました。
「よく会社の周りを掃除していただくんで・・・」
感謝される為にやってないことでも感謝されると本当に嬉しく感動しました。

尾張経営研究会 長尾さんより 「理念と経営」社内勉強会で理念の浸透

「理念と経営」の社内勉強会の良かった点

株式会社キョーエイファースト
長尾 誠

弊社は、愛知県名古屋市北区・本社を拠点に自動車補修部品の製造・販売業を行っています。
私たちは主に自動車修理工場様に部品をお届けするだけではなく、
一緒にお客様へ真心もお届けする顧客密着に徹した営業展開をしています。

私たちが社内勉強会を始めたきっかけは、理念の浸透による人財育成で何か出来ないだろうかと模索していた時に「理念と経営」という雑誌に出会い、社内の活性化にと始めたのがきっかけでした。

最初は、各営業所の責任者5人だけで実施していましたが、
今では参加人数も増え月1回の勉強会(2時間)を楽しく行っています。

最初の頃は、設問に対しての答えが曖昧でしたが、回を重ねるごとに設問に対し会社の理念に基づいた考え方が自然と出来るようになり各自の発表内容にも統一性が出てくるようになりました。

そして、設問に対しても以前より全員が深く考えるようになり、社内の活性化やお客様に対しての考え方や接し方などの意識が変わってきました。

弊社では社長に勉強会の報告書を提出して第三者の目線で感想を頂くことで、
自分達の考えや意識が変わった事に気づき、以前より会社の理念や方針に沿った考え方で日々の業務に取り組んでいることを参加者全員が理解することが出来ます。

社内勉強会を始めて約4年が経ちますが、楽しく勉強会をするために自分達で独自に考えた設問をプラスするなど工夫を凝らし社内勉強会を楽しく実施しています。
まだまだディスカッションの仕方や顧客満足についての考え方など沢山の課題はありますが、毎月1回を大切な勉強の場として今後も仲間と一緒に学んでいきたいと思っています。

尾張経営研究会 長尾 誠

三重経営研究会 小津会長の13の徳目朝礼

三重経営研究会

小津 泰明

 

我が社では12月より13の徳目朝礼を導入しました。

以前は理念の唱和と業務伝達でしたが、13の徳目名古屋大会に参加して、楽しかったことから、思い切って社員に無理やり導入しました。
最初、社員さんから抵抗が起きるのではないかと心配しましたが、
事前に書いてくることを読み上げることはあまり抵抗無く受け入れられました。

また、我が社では、人数が少ないため、全員が発言することで、
普段なにも発言しない社員が朝から自分の思っている考えを言える場を作ることができ、
とても良いコミュニケーションの場が出来たことは良かったとおもいました。

まだまだ、はじめたばかりでどうなるか分りませんが、少し前進したように思います。

浜松経営研究会 杉山さんの「理念と経営」「13の徳目」の成果

| コメント(2)

浜松経営研究会
有限会社イナリ 杉山 喜代志

弊社では、ありがとう経営の取り組みとして『理念と経営』の勉強会、『13の徳目』朝礼、『心に残るありがとう作文』を実施しています。

『理念と経営』の勉強会と『心に残るありがとう作文』は昨年の8月の『理念と戦略のワンポイントセミナー』の受講が導入のきっかけとなりました。
『13の徳目』朝礼は、今年の8月のありがとう推進委員会の井上様のご講演から始めました。

 

CIMG4497.jpg先日、こんな嬉しいことがありました。今年10月より私が経営理念塾を受講しています。
第1講の宿題で、「貴社の経営理念は、経営のものさし(価値判断の基準)になっていますか?」の問いがありました。

その時に弊社の社員さんが自分の行動基準は経営理念で判断していると発表していただきました。
弊社の理念である、お客様の利益を考えて行動しているということです。
理念の浸透がなかなか出来ていないと思っていましたが、その発表がとても嬉しく感激しました。
ありがとう経営のツールを取り入れた成果だと思います。

特に『13の徳目』朝礼が大きいのではないかと思います。
朝礼はそれまでは週1回しかやっていませんでした。
それが毎日続けていることで社員さんの意識改革になりました。
また私自身にもプレッシャーになり、改めて自分を見つめ直すことになっています。

役員2名 社員2名 アルバイト1名の小さな会社ですが、今後もこれらの事を積み重ね、お客様から信用信頼を得て100年以上続く会社にしていきます。