浜松経営研究会 杉山さんからの13の徳目朝礼の様子

| コメント(1)
日創研浜松経営研究会 杉山喜代志

弊社では、ありがとう経営の取り組みとして
『理念と経営』の勉強会、
『13の徳目』朝礼、
『心に残るありがとう作文』を実施しています。

『13の徳目』朝礼は昨年8月の浜松経営研究会での
ありがとう推進委員会の井上様のご講演から始めました。     

それまでは朝礼は週1回しかやっていませんでした。
それが毎日の日課となりました。  

『13の徳目』のチェックと『今日の気づき』は、
今までは何気なく過ぎていった日々を毎日考えることができます。

自分の一日やったことが明確になり、良かったことや課題が鮮明になります。
良い振り返りになると思います。

『今日のありがとう』も今まであまり意識しなかったことが、見えてきます。
社員さんの発表を聴きながら、そんな嬉しいことがあったのかと、喜びが共有できます。

『質問に対する考え』は考えて書くことにより、
自分が何の為に仕事をしているかが明確になってくると思います。

『今日の徳目』は今日一日何を意識して仕事をするかが心の中に刻まれます。

我社は4人での朝礼ですので、一日2回位の発表があります。
お陰様で全員が人の話を聴く能力が出てきたと感じています。

まだ始めていない会社様には、
経営者の意識改革、社員の意識改革になり、
是非お奨めのツールだと思います。


コメント(1)

いつもありがとうございます。
さすが、杉山社長!
毎年、仕事でお世話になっておりますが
みなさん素晴らしい社員さん達だと感心しておりました!
さらにレベルアップされて、ますます充実ですね。
今年も宜しくお願い致します。(運送屋まつした)