三河経営研究会 下島さんからの13の徳目朝礼〈no,1〉

| コメント(1)
わが社で活用している「13の徳目」についてご紹介します
私と13の徳目との出会いは、1年前
三河経営研究会の中野さんにもらったのが「お初」でした
ぱらり、ぱらり、とめっくってみて
「ぴん!」と来たんですよね。これ、なんかいいぞ  って

まだ、日創研さんとの関わりがない時だったんですが、
なにか感じるものがあり、ひとりで徳目をはじめてみました
結果、「あんまり気分がのらなかった。。」というのが感想です

1か月やってみて、気づき、とか、本日の徳目、とか、書いてみるんですけど、
なんというか、面白さがなくて。。挫折したのです
「ぴん!」ってきたのに・・・ なんでつまんないんだろう・・・ 
と思っていました。

そして、その数カ月あと、確か8月でした。
同じく三河経営研究会会員の都工業さんhttp://www.miyakoweb.jp/へ朝礼の見学をさせていただきました
 
都工業さんの朝礼、その元気なこと!
「発表したい人!」という合図とともに「はい!!!」と勢いよく社員さんたち全員の手が挙がるのです
手がピーン!と伸びて、実に気持ちがいいのです

そして、発言する人は、みな、背筋を伸ばし、前を向き、良く通る大きな声でテンポよく発言していました
「いや~、すごいな、これは都工業さんだからできるんじゃないかな」って思ったんですが、
一緒に行った社長が、「うん、うちもこれ(13の徳目)とりいれよう!」と言いました
やっぱり社長も、都工業さんの、13の徳目を使った朝礼に「ぴん!」と来たんです。
そういうことで翌9月から、徳目朝礼が始まりました

私はは7月SA、8月SC修了、社長は9月~PSVだったので、テンション高く、徳目朝礼してました。
13の徳目ができるのがうれしいって気持ちが強かったですね。
ひとりでの徳目が寂しかったので、社員さんみんなと質問内容を共有できることがうれしかったんです。
それに、いつか、うちの会社も、都工業さんみたいに、はきはき!いきいき!と発表できる。
そんな気持ちの良い会社になる、そういう、イメージもありました。
 
徳目は前日準備が大切です。
その日あったことを振り返り、反芻して、気づいたことや、改善しようと思うこと、ありがとうの言葉を記入します。
でも、時には、忘れてしまいます
・飲み会のあった日とかは書かずに寝ちゃったり、
・職場に置き忘れる
・布団のなかで書こうと考えてるうちに、就寝してしまった。。。
 
でも、だんだんと前日に書くのが習慣化されてきます。
寒い冬の日は、職場からの帰り道、エンジンが温まるまで徳目書きながら過ごしたり、、
10,11,12月はPSVだったこともあり、さぼれない、とにかく毎日書きました。
そのうち、徳目記入も慣れてきます。コツがつかめるというのでしょうか。
最初は、頭で考えてから書く!といった感じでした。
そうだと、頭になにかしら閃かない限り、徳目が一向に記入できません。
じっと徳目を眺めて15分、これは苦痛です。

でも今は、とにかく、書くことにしています。
その日振り返ってみて、なんだか、もやっとしたこと、心に残った出来事を記入するのです。

シュヴァイン写真.jpg
 
「今日は、○○へ行きました。スタッフの方たちがみなさん感じ良く、気分が良かったです。
きっと私たちもやっていること、人に親切にする、感じ良くふるまう、
これが人を感激させることと改めて気付きました。
指輪製作のお話をありがとうございました。
買った指輪が特別なものに思え、幸せな気持ちになりました。親切は、人を幸せにする」
 
4月3日の私の気づき です
かなりとりとめないんですが、書いてる文章は、誰に見せるものでもないし、
とにかく書いてみればいいんです。
発表の時は、もう少し要点をまとめて発表します。

徳目から、気づかされることはたくさんあります。
やり続けることで、どんどん、深まっていくように思います。

(有)シュヴァインハイム
下島真希子

コメント(1)

下島さん、有り難うブログ拝見しました。ピンと来てからの反応の速さは流石ですね。習慣化のお話しも参考になりました。ありがとう御座いました。