神戸経営研究会 有限会社キャパ 元田さんの「ありがとう経営」の成果

| コメント(1)
神戸営研究会
有限会社キャパ 元田 美穂といいます。
現在、大阪市内で美容室を三店舗経営しております。

思い起こしますと、2年前弊社において「ありがとう」という言葉は、
儀礼的なものでした。
お客様にご来店いただき、お会計で言うセリフが「ありがとうございます」でした。

その後、自社には感謝力が足りないことを痛感し、
そこで取り入れたのが「13の徳目朝礼」と「理念と経営」社内勉強会です。

朝礼は、もともとやっていた朝礼にプログラムができた形になったので自然と導入できました。
勉強会は、まず1つの設問をやってくるところから始めました。
あくまでも社員さんのペースに合わせ承認していきました。

今では、全員全質問に回答しております。
最近、こういう取り組みの成果を感じる瞬間があります。

キャパ勉強会写真.jpg先日、新人社員が嬉しいことを言ってきてくれました。

「キャパの先輩は、いつもありがとうって言って下さるんです。
小さなことでも言って下さるんです。就職して良かったです。」

ようやく儀礼的なありがとうから卒業したようです。
これからもお客様と社員さんの未来のために、継続して取組みます。

コメント(1)

いつもありがとうございます。
礼儀的な「ありがとう」から心から感謝の「ありがとう」。
新人さんにも、それがとっても励みになりますね。
毎日、コツコツと小さな事の積み重ね、誰でも出来そうな事が継続となるとなかなか難しい。私も、元気いっぱいの元田さんから勇気を頂きがんばれます。