滋賀経営研究会 西崎司法事務所の社員さんからの社内勉強会の声

| コメント(1)
西崎司法事務所の上原です。

私達の事務所では月に一度の勉強会を、異業種である3つの会社さんと共に行っています。
当初私は設問表を書くのに、求められている答え、
正しいと思われる答えを書かなければならないと思いながら取り組んでいたのでかなりの時間を要し、
それが苦痛にもなっていました。

又、勉強会でも自分の発表に対してどう思われるか?を気にして緊張していました。
でもこの勉強会では誰かの意見を否定するという事は絶対に無いので、
回を重ねる毎に少しずつ自分の考えを書けるようになってきました。

又、皆さんの発表から自分では考えつかなかった視点からの意見を聞くことができ、
他の場面においてももっと違う視点で見られないか?と意識できるようになりました。

「勉強会」と聞くと大変な事のような感じがしますが、
設問の内容についての勉強だけでなくいろんな方の考え方に触れる事ができるという点、
そして自分の考えを出せるようになった点が私にとっては大きな意味を持っていると思います。


こんにちは。

西崎司法事務所の大前と申します。

「理念と経営」の勉強会を始め1年が過ぎました。
私達の勉強会は社内だけでなく日頃より仲良くさせて頂いている4社で毎月1回、第3水曜日に行っており、
会場を4社で持ち回りとする事で新鮮さを感じる事にもなっております。

私が勉強会するようになり良かったなと感じている事を書かせて頂きます。

月に一度ですが性別、年齢、業種を問わずにお話しをする事により、
小さな考えになりつつある自分自身の考えに気づく事ができ、
私とはまったく違う視点での意見を頂ける事です。

当初、私と違う意見、または想定外の発表については受け入れない事がよくありましたが、
自分と違う意見こそが大きな糧になるものであると考えられるようになりました。
そしてまた1年が過ぎたという事もありここ最近では「本音」の意見というものがバシバシでてきています。

教科書どおりの綺麗な答えではなくこの「本音」での意見を毎回楽しみにしております。
そしてまた、少しづつではありますが自分の意見をまとめて他の方にお話しさせて頂くこと、
他の方の意見に耳を傾けそれを理解し有効に使っていくという事が
以前より高度に出来る様になってきた様にも感じています。

コメント(1)

お世話になっております。
私も勉強会に参加させて頂いて、2年程になります。勉強会では設問に対して、皆さんそれぞれ感じ方の違いが、新たな学びや気付きになりますね。
私は経営をさせて頂いておりますが、それぞれ経営規模は違いますが、学びの仲間としての悩み、思いを共有し合い、アドバイスを頂ける事で勇気を頂いております。
「継続は力なり」。これからも、共に学んで行きましょう。