千葉経営研究会 宇都宮工業 宇都宮さんの「理念と経営」社内勉強会

千葉経営研究会
宇都宮工業株式会社 代表取締役 宇都宮秀雄


当社は創業50年、東京のゼロメートルデルタ地帯で、
大雨などで水害災害に苦しんでいる住民の人命と財産を守る会社として発展して参りました。
揚排水設備事業と水処理・下水道環境事業を柱に下水処理プラントで、
大手メーカーが手を着けないニッチ部分に目を向け、
環境問題改善や経営革新事業など新しい事業を起こし販路を拡大させ、
地球の未来のために貢献できる企業を目指しております。

「理念と経営」社内勉強会は、毎月第一土曜日の一日を使って全体会議の中で行なっています。
朝礼後、地域貢献の一環として全社員で日常清掃出来ていない広範囲の清掃活動を行ない、
その後、設問表を用いてディスカッション形式にて勉強会を行っております。

また社内全体の意識を向上させ、情報の共有化を図り業務の進捗状況等を確認し合います。
グループに分かれて、考える力・聞く力・発表する力・承認する力を養い、
社員力・管理力・人間力を学んでいます。

勉強会を開催し続けて来た結果、今では全員が自ら活発に発表する力が出て来ました。
先の見えない現状を勝ち抜くには、全社員が「理念」を共有し、
団結して取り組むことが大切だと思います、
「やらされている」と言う思いがあった社員さんも、
今では「お客様に喜んでいただくためには何をしたら良いのか」・・・と課題を次々と取り上げ、
実践して成果が出せるようになりました。