旭川経営研究会 加藤木工 加藤様からの13の徳目朝礼を開催して

13の徳目朝礼


 

有限会社 加藤木工


取締役社長 加藤政博


 


我が社が13の徳目朝礼を導入したのは、平成22年10月で10ヶ月になります。


以前の朝礼は、業務連絡と製造工程の進捗管理のみで、社長や幹部からの一方的な話で終わっていました。

導入のきっかけは、旭川経営研究会に、昨年入会し、会長や導入している人から進められ、

日創研札幌の笠松さんに、導入方法を相談しました。


社員さんに感謝を伝えることの苦手だった私には、いい機会だと思いました。

導入当初は、全社員で戸惑いながら行いましたが、

2ヶ月ほどたって少し慣れてから、事務所と生産部問を2つに分けて、

3箇所でやるようになり、司会は、順番で行い、

個人の発表の機会も増え、朝礼の最後に司会者の今日の一言で、終わるようにしています。

加藤木工1.jpg

今日の一言は、一分程度で、特に決まりがなく、個人の今思っている事を話していただいています。

仕事への想いや、家族への思い、同僚への感謝、趣味や好きな歌手など、

様々なお話をしていただいております。

加藤木工2.jpg

家具づくりは、制作図面がコミュ二ケーションの中心でしたが、

少しずつ言葉での、コミュニケーションが多くなってきました。

今後も13の徳目朝礼と理念と経営の勉強会を通して、

社内のコミュニケーションが良くなり、いい社風が作れるように、進化していきたいと思っています。