北九州経営研究会 山田さんの13の徳目、社内勉強会の取り組み

株式会社 ファボリ 
店名 sweets shop FAVORI 
の山田です。 

当社は、北九州市小倉南区でケーキ屋とカフェを併設した店舗を運営しております。 
2009年の10月にオープンしてもうすぐ2年が経とうとしています。 

当社では、13の徳目を実施しており毎朝の朝礼時に行ってます。 
ただ、問題も多く今だ解決出来ていない事もあります。 
弊社はお菓子屋なので朝の時間が忙しく、製造部門の社員・パート社員の朝礼参加人数が 
少なく、いつも販売社員さんと朝出勤の販売パート社員さんの4名位でする事が多く、
朝礼の意義からしても 問題があり、今後の課題として改善して行こうと考えています。 

ただ、続けているとスタッフの考えている事や悩んでいる事に気づけ、 
自分の思っている事を伝える事が出来るので、 
毎朝想いの共有が出来ている様に感じています。 
やはり、働くスタッフの意識や、会社の目標や課題の共有は 
日頃の朝礼や勉強会での参加率の向上が不可欠だと感じております。 

パート社員さんが時間をずらしての出勤で朝礼に参加しない人がほとんどなので 
月2回の店休日の1日を使って、CS向上勉強会、業績アップ活動の共有、
理念と経営の勉強会を 行っています(理念と経営は始めたばかりです)。 

ファボリ.jpg
以前は、全体ミーティングとして全スタッフ(20数名)でやっていましたが、
やはり人数が多くなると無難な答えばかりで、
本当の問題が中途半端に議され消化不良のただやっただけの様なミーティングでした。 
やっても意味が無いともスタッフ間で出る様になり止めました。 

最近やり方を変えた事で、社員さんに司会進行と内容決めをして貰い、
自主的に開催して行く様にした事です。 
そうする事で、自分自身が客観的に全体を見渡せる様になりました。 
そして、社員さんと理念の共有がどこまで出来ているのかの進捗も解る様になり 
社員さんのリーダーとしての自覚と成長を感じれる様になりました。 

そうした会の方がスタッフの発言も積極的に出て、
本当の問題点と自主的な改善提案が出てきて、楽しい会が出来る様になったと思います。
ありがとうカードを送りあおうとも決まり、
即実行する予定です。 

経営理念と現状のギャップは当然指摘、改善して行かなければならないのですが、 
そこだけに囚われては、その差は埋まらないのだとこの勉強会を通じて 
感じております。 

やはり、勉強会の参加してくれる社員、パート社員の長所を伸ばして行く事 
その環境、仕組みを創っていく事だと改めて感じてます。