長野南信経営研究会、三浦さんからの13の徳目朝礼の報告

長野・南信経営研究会 南信工営株式会社(常務 三浦一郎)

南信工営株式会社の三浦と申します。
弊社は長野県の南アルプスと中央アルプスの合間を流れる天竜川を挟んで位置する伊那市で
建設業(外壁全般・金属全般の専門工事業)を営んでおります。

寒くなりましたが、毎朝みる雪化粧したアルプスがとてもきれいです。
会社から見る「日の出」は現在7時13分頃...... (余談でした)

弊社は「朝礼日本一をめざす」を方針に掲げておりますが、
まだまだ「道遠し」で悩みはつきません。

それでも、毎日の朝礼を始めて約10年、最近は地元企業や自治体が朝礼の視察に来社されることもあり、
その時はツールとしての「13の徳目」と「職場の教養」冊子がいわば自慢で「お裾分け」しています。

長野南信.JPG
お客様や取引先、ご近所等からは「南信工営に行くとあちこちから元気なあいさつが飛びかい気持ちいい」「とても建設業とは思えない雰囲気」「いつも元気で明るい」等々の声が寄せられるようになり嬉しい限りです。

しかし、問題もいっぱい抱えております。
今後とも「全員がリーダー」「参加して元気がでる、気持ちいい」「業績アップ」に
つながる朝礼をめざし、「最大の教育研修の場」と位置づけて磨きをかけます。

なお、今年からは「終礼」も始めました。

皆さまからのお知恵やご意見、よろしくお願いします。