徳島経営研究会 桝富会長からの「ありがとうカード」の実践

経営研究会 株式会社マストミ 枡富郁夫

弊社は徳島県で冷凍食品の製造販売をしています
社員数は正社員、パートさん合わせて40名

年末は食品会社には一年の中でも一番忙しい月、これからが頑張り時です!

我社がありがとうカードを導入して3年が経過します。
当社は委員会制度を導入していますので、ありがとう委員会が担当ですすめてくれています。

社内にありがとうボックスを設置、そこにみんながありがとうカードを投函、
一週間に一回担当者が集計して朝礼で各自に渡していきます。

朝礼では、指名された人が、ありがとうのコメントを発表。
それぞれの心温まる感謝のコメントが聞く側の心に響いてきます。

同じ仲間の発表は感謝力のアップに繋がってきていると確信しています。
今では、毎月ほぼ400枚を超えるありがとうカードが投函されています。

マストミ.JPG
また、10月に「ありがとう標語」を募集しました。
(これもありがとう委員会の企画ですが)55の標語が集まり、ビックリです。
こに少しご紹介します。

「ありがとう みんなの心 つなぐ糸」

「うれしいな カードは私の 表彰状」

「ありがとう 言って言われて 笑顔の輪」

「伝えよう 感謝の気持ち ありがとう」

毎年、経営方針発表会では、一番たくさん「ありがとうカード」を出した人と
一番たくさん「ありがとうカード」をもらった人を表彰していますが、
11月の発表会では、標語の優秀者を3名表彰しました。

間違いなく社風は良くなっていると実感しています。