日創研の教育カリキュラム「社内大学」

日創研には入社してからの教育制度として、いろいろなものがあります。

 

入社してからは、まず『新入社員研修6か月コース』、

可能思考研修『基礎コース(SA)~実践コース(PSV)』を受講します。

 

入社2年目は、『新人合宿』がスタートします。

1年間のプログラムで、月1回箕面の明徳庵で勉強会を行ないます。

 

これには幹部や先輩社員が入れ替わり講師として参加します。

 

そして、4年目以上を対象に、次の幹部を担う人材を育成するための

「社内大学」という制度があります。

 

7月から大阪で始まる「マネジメント養成6か月コース」の受講、

日創研の前身である「音羽鮨」で職業体験、TV勉強会、

翌年にはモンゴルにいきます。

 DSC_0127.jpg

なぜ、モンゴル??

 

日創研では、教育を通した国際貢献を目的に、

平成5年から「国際平和基金財団」を設立して、

モンゴルに「大地の家」という学校兼寮を運営しています。

 

その施設にいって現地の子供たちと触れ合い、

文化の違いを肌で感じたりと、多くの学びを得ることができます。

 

昨日は、社内大学の開校式&マネジメント養成初日でした。

今年の参加者は例年よりちょっと少ない3名でしたが、

素晴らしい発表をしてくださいました。

 

YOUTUBEに発表の様子を限定公開しましたのでご覧ください♪♪

https://youtu.be/rrOGvzdr_vk