東京センター ベンチマーク勉強会【その④】

みなさん、こんにちは!

 

東京センター ベンチマークツアー【その④】です!

今回がベンチマークツアーの最終回です。

 

2日目は、最後に世界遺産となった「富岡製糸場」についてお届けします!

 

世界遺産となってから、足を運んだ方もいると思います。

 

私は人生初の世界遺産でしたので、とても楽しみにしていました。

 

富岡製糸場は、1872(明治5)年に開業し、1987年まで操業を続け、2014621日に「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録されました。非常に歴史のある建物ですね。

 

さて入口に到着。

 

  s_KIMG0244.JPG

 

 

 

 

今回はガイドさんにお願いして案内してもらいました。

一人一人が耳にイヤホンをして、ガイドさん声を離れていてもはっきり聞けました!

 

s_KIMG0255.JPG

 

 

当時輸出の主力だった生糸生産を近代化し、殖産興業を推進するために明治政府が設立したそうです。 

時代を感じる機械が数多くありました。

 

s_KIMG0276③.JPG

 

レンガの積み方ひとつとっても、色々な工法があることを学びました。

 

s_KIMG0257①.JPG

 

 

 

群馬特有の空っ風が吹いていましたが、天気に恵まれ、桜は満開。

 

s_KIMG0299②.JPG 

 

今回のベンチマークツアーは、とても有意義な二日間でした。

訪問させていただいたお客様に、本当に感謝しています。

 

来年はどこにしようかと、今から考えてます。

 

以上でベンチマークツアー第4弾でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。