委員会活動の最近のブログ記事

業績アップ6か月研修!修了後インタビュー!

スタッフブログをご覧のみなさま

 

こんにちは!CSES(顧客満足・従業員満足)委員会の眞喜屋と申します。

 

2014年も既に半分以上が過ぎ、暑い夏がやってきました。

今年も、日創研で行っている委員会活動について、ご紹介していきたいと思います!

 

=====

≪研修修了後インタビュー!≫

(インタビュアーはCSES委員会スタッフ、周囲を元気にする澤田さんでした!)

 

弊社の中で大人気研修、『業績アップ6か月研修』

1月からスタートし、先日6月に終了しました。

300名のご受講生の中から、賞に選ばれた方々に、研修修了にあたり、やりきったご感想を、インタビューしてまいりました!

業6会場.jpg


業6テキスト.jpg


◆◆宮脇 美樹様 株式会社マツミ 取締役 建設業◆◆

 

Q1.修了された、ご感想をどうぞ!

A.本当に本当に参加してよかったです。最後に最優秀賞をいただいた時には震えて泣き崩れました。


Q2.業績アップに参加した当初の目的は?

A.ゼネコンからの仕事が途絶えて8割減になり、何か始めないといけないと業績アップに臨みました。 


Q3.活動中、一番困ったことは何ですか?それをどう乗り越えましたか?

A.研修中辞めようと思ったことがある。研修で聞いたこと素直に行動する中、今までやってきたことを、どんどん変更したので本当に大丈夫なのかと社内が揺れました。 
その時社長が「俺が全部責任執るから全部やれ!今より3年後を見ろ!」

担当アドバイザーからは「今は大変でも大丈夫!すぐ乗り越えられる!!」と支えられ乗り越えられました。
乗り越えた後、社員さんがチャート書きやパソコン入力を手伝ってくれるようになったんです。 
今いる社員は全員「日創研の研修受講したいです。」と言ってくれます。社長が求めていた会社になりました!

マツミ宮脇様.jpg 


Q4.どの位業績アップしましたか?

A.もちろん数字も固定費・変動費は全て下がって、売上目標9000万に対して、2億以上の結果が出ました。過去最高の入札も実現しました。 


Q5.委員会活動事例を教えてください。

A.今までいろんな仕事を請け負っていたが、仕事を絞ってホームページを作り替え、広告代理店を通さず顧客獲得にチャレンジした。捨てる勇気が必要でした。

この6か月間ともかく、講義内容、事例をすべて筆記して自社に持ち帰り、素直に実行した。本当に業績アップやってよかったです!

====

 

毎年、この『業績アップ6か月研修』には、多くの方がお越し頂いており、みなさま自社の業績を上げるため、力を合わせて一生懸命取り組んでおられます。


業6受講生.jpg 

インタビューでは、涙を浮かべて答えて下さり、インタビュアーの澤田さんも逆にもらい泣き!

「6か月間の思い・がんばりが本当に伝わってきました!!」とのことでした。

 

宮脇様、インタビューにお答え頂き、誠にありがとうございました!

 

=====

 

∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞*:;;;;;:*∞

弊社では、若手スタッフが中心となり運営しております* 

顧客満足・従業員満足(CSES)委員会 
顧客拡大委員会 
経費削減委員会 
人材育成委員会 

~これからも様々な活動をご紹介致しますので、宜しくお願いいたします~ 

∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞*:;;;;;:∞

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

CSES委員会 眞喜屋 裕美

人材育成委員会の活動紹介

スタッフブログをご覧の皆さま

こんにちは、大阪センター 人材育成委員会の木村です。

 

先日は、人材育成委員会の方針や目的、そして主な活動内容をお話させて頂きました。

本日は、2チームの取り組みの中でも、先日行いましたミッションチームの勉強会、

企業理念(人事理念)の深堀についてご紹介いたします。

 

企業理念や価値観など考え方を自身に落とし込む為には、まず理念の意味を理解する事が必要です。

しかし、理解しただけでは意味がありません。

実践まで伴う具体的行動が取れるようになる、そこまでが本来求められるものになります。

 

まず理念の意味を理解する為に、委員会の中で日創研 独自の設問表を作成し、

理念と経営 社内勉強会の場を活用して、それぞれのチームで理念についての

設問に沿った回答の発表や意見交換をしていただきました。

 

 IMG_20130826_084224350.jpg

【写真:理念についての設問】

 

次に具体的行動へ落とし込む為に、全体で集まり、各チームで出た意見を共有。

そしてそれぞれがどのように解釈していたのか、

またどんな行動が理念に沿った行動だと考えていたのかを話す場を設けさせて頂きました。

最終的には、「なぜその理念が出来たのか」、「日創研の一社員としてどんな行動を取り、

どんな姿勢を見せる事が求められているのか」取締役の方に講師として参加していただき、

お話しをお伺いしました。

そうすることで、スタッフの考えと取締役との考えのすり合わせや、

軸のズレを無くしていくことで、理念の浸透や自己への落とし込みに繋げていけるようにしました。

 

 

 IMG_0012.JPG

 【写真:全体での共有】

 

 

IMG_0028.JPG

【写真:取締役の方からのお話】

 

このように、委員会の方針や目的を達成する為の活動を行うことで、

会社の方針達成、お客様に喜んで頂ける、貢献できる人材の育成サポートを随時行っています。

 

まだまだ様々な活動を行っておりますので、それについては後日、随時ご紹介させて頂きます。

お読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

人材育成委員会の紹介

スタッフブログをご覧の皆さま

 

こんにちは、大阪センターの木村です。

スタッフブログが開設されてからCSES委員会の委員長である

宮田さんが委員会活動についてお伝えしておりました。

 

本日は、私が所属しています人材育成委員会の取り組みについて

ご紹介させていていただきます。

 

人材育成委員会にも方針があります。

委員会の方針は「成長できる場づくりを通して、経営感覚のある人材育成に貢献しよう!」です。

 

お客様のお役に立つ為に、そしてお客様にたくさんの喜びを

提供できるようになる為には、人の成長は欠かすことができません。

日々の業務を通してだけではなく、委員会を通して様々な場面提供を行うことで、

自己成長に繋がるような取り組みを行う事が私達、人材育成委員会の使命です。

 

そして、特に今年は2つの面が優れた人材へ成長できるサポートをする為に、

マネジメントチーム・ミッションチームの2チームに分かれて活動しています。

 

マネジメントチームの目的は、PDCAサイクルを回せる人材へ成長する事です。

そしてミッションチームの目的は、企業理念や価値観などの考え方が

自己へ落とし込めている人材へ成長する事です。

この2点が備わったとき、方針にあります経営感覚が身に付いた

人材育成に貢献できたと考えています。

 

主な活動内容としては、「自分たちのPDCAとは何かについての勉強会の開催」、

「集客プロセスの見える化」、「朝礼時にやります宣言による人事理念の浸透」、

「社内勉強会を活用した企業理念の深堀」、「事例集や冊子の作成」等です。

 

活動についての詳しい内容は、今後随時ご紹介させていただきます。

ブログをご覧いただいている皆様にとっても、

人材育成の為のヒントになれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。