営業というお仕事♡

私は、東京センターで東北地区を担当する外勤の営業パーソンをしております。
どうぞ、よろしくお願い致します!!

皆さんは、営業の5マメという言葉をご存知でしょうか?
営業の基本ともいえるもので、私達は自分の立場やお客様との関係性に応じて、コツコツとそれを実践しています。

さて、5マメの「マメ」とは何を表すのでしょうか、以下にご紹介をさせて頂きます。

【筆マメ】
手紙やメールなどを使ってフォローをする。気持ちを込めて出すことで人間関係の距離が縮まります。日創研では、基本的にお客様への郵送物は筆書きをさせて頂いております。
 
DSCN0308.JPG

【口マメ】
電話マメとも言います。今は携帯電話(スマホ)の時代。こまめに、タイムリーに電話でのコミュニケーションをとる事が大切です。スキルアップが結果に表れやすいですよ。
 
DSCN0312.JPG

【足マメ】
直接、相手を訪問すること。大切な情報は自分の足で現地に行き、自分の目と耳で収集する。お客様とのフェイスtoフェイスのコミュニケーションの機会を増やします。
 
DSCN0314.JPG

【出マメ】
とにかく人の集まる所や話題の場所に出向くこと。これまでと異なるコミュニティで多くの人と触れ合い見聞することで、新たな接点や最新情報が集まってくる。
 
DSCN0299.JPG

【世話マメ】
日頃から人の面倒をよくみること。誰がどんな人物なのか興味や関心をもって相手をみるので、この人は信頼や絆が厚く、本音など色々な情報があつまってきます。
DSCN0303.JPG
 

どれも基本ですが、どれもすぐに結果が現れるという訳ではありません。
やはり小さな事をコツコツと積み重ねていくところに、営業のコツがあるのでしょう。

例会に参加させて頂きました♪

こんにちは!

大阪センター 新入社員のNです。

 

先月の記事にも書かせて頂いたように、

10月から経営支援部(営業部門)に配属しております(o^^o)

 

現在は、来年から内勤として担当地区を持たせて頂くために、勉強をしております!!

 

その中で先日は、兵庫県を担当しているK先輩に、

神戸経営研究会の例会に連れていって頂きました♪

 

経営研究会とは、日創研の研修を受けて頂いた経営者・経営幹部の方々が、

学び続けるための場であり、日本各地に設立されています。

また例会とは、月に1度、講師をお招きして経営研究会の方々が集まって勉強される会のことです。

 

そして、今回は神戸経営研究会にお邪魔させて頂きました!

 

神戸.jpg


1つの会場でたくさんの地区のお客様とお会いできることができるのは、

とても嬉しいだろうなと、来年のことを想像しながら思いました((o(*^^*)o))


unnamed (1).jpg


講師としては、中心屋の斎藤様が来て下さいました!!

理念がいかに大切かということや、

思いがしっかりと強くあればどんな状況でも

成功に導くことできることを学びました。

日々のお仕事も何の為にしているのかをしっかり考えて進めていこうと

前向きな気持ちになれました(*^^*)

 

たくさんのお客様にお会いし、

お話もさせて頂き、素敵な時間を頂きました。

神戸経営研究会の皆様、ありがとうございました=*-*=

 

今年もあと1ヶ月半となりましたが、

全力で駆け抜けていきます!!!

健康が一番!


皆様、こんにちは!

大阪センターのNです。

少しずつ風も冷たくなってきましたね。
朝晩は特に冷え込みます・・・💦

秋から少しずつ冬に向かっているなぁと感じる今日この頃です。


さてさて先日、
大阪センターではインフルエンザの予防接種を行いました!

福利厚生の一つとして、
毎年予防接種をおこなっているのです(`・ω・´)✨

問診表を書いて・・・・( ..)φ( ..)φ

予防接種(待つ).JPG
順番に受けていきます。
まるで、病院の待合室のようですね!

季節の変わり目ということで、
疲れも出やすくなってくるころだと思います。
ですが・・・健康であることが一番!!!です。

皆様も、ご体調にはくれぐれもお気を付けて、
残り1ヶ月半!元気に過ごしましょう!


大阪センター

日創研経営研究会

みなさん、こんにちは!
東京センターのKです。

いつも弊社のスタッフブログを見ていただいており、誠にありがとうございます。


今回は、日創研経営研究会についてご紹介します。

日創研経営研究会とは、弊社の研修を受講された方々が、継続的に経営の勉強ができる場を全国に整えるために創立された団体です。

1994年に発足し、現在北海道から沖縄まで全国に64単会、約4,600名の経営者・経営幹部の方が会員としてネットワークを創り、共に学ぶ環境を創っていらっしゃいます。

その日創研経営研究会による本部の会議が週明けに開催されますので、今日は会場のセッティングを行いました。

KIMG0286.jpg

週明けにはこの会場に、全国から約200名以上の方がお越しになります。
遠路はるばるお越しになる方々もいらっしゃいますので、東京センター全員で「お・も・て・な・し」の精神でお迎えします!!


日本創造教育研究所(日創研)

共に学ぶ会

こんにちは!

今回は東京センターからです!


今日は社内活動のひとつ、"共に学ぶ会"の紹介をします。

共に学ぶ会とは、月刊『理念と経営』を使い、スタッフ同士で討議を行う場です。

主にプロジェクトチームに分かれて行っています。


プロジェクトチームというのは、職務上の組織(部門など)や立場(役職など)を越えて活動する、
私たち社員による自主的、主体的なチーム活動組織です。


10月共に学ぶ会.JPG
この写真は先日行われた"共に学ぶ会"での、人財育成プロジェクトメンバーの写真です!


毎月、共に学ぶ会を行うことでスタッフ同士の様々な考えに触れることができ、
スタッフ間の関係がより深まります。

また、月刊『理念と経営』の記事の中で扱われる経営知識等をスタッフ間で共有し、
勉強の場にもなります!

お客様に貢献するには、我々スタッフの成長は必須です!

多くのスタッフと共に学び、成長し合える環境があることに感謝して、本日も頑張ります!


最後まで読んで頂きありがとうございます^_^



日本創造教育研究所(日創研)

新たなメンバーが増えました♪

皆さんこんにちは! 福岡センターのYです(^^)!

今回のブログは福岡センターの新しいメンバーのご紹介です!
福岡センターでは先月より、Y・Yさんというパートさんが入社されました!!
Y・Yさんは「早く皆様のお役に立てるようになりたい」という思いで、毎日黙々とお仕事をされています。そのお姿に私も日々刺激を頂いております!
先日、そんな素敵なパートさんの歓迎会を開催致しました!!


歓迎会①.jpg


普段は研修の準備などで事務所外での業務が多いY・Yさんですが、今回の会では普段なかなか聞けないお話しも聞くことができ、Y・Yさんをより深く知ることができました。
「より良い関係性を築くためには、まずは相手のことをよく知ることが大切だ」と言いますが、私も日々の業務の中でパートさんのお力が不可欠ですので、共に働く職場の仲間として色々なお話しが聞けて本当に良かったです!


歓迎会②.jpgのサムネール画像


私もほんの数ヶ月前にこのように歓迎会を開催していただいたのですが、はるか昔のように感じると同時に何か先輩になったような気がして・・・
私がこれまで周りの先輩方に支えられてきたように、次は私がY・Yさんにとって働きやすい環境を作れるようにサポートを心掛けて参ります(^^)

来年度入社の内定者とのランチ会


こんにちは!!




東京センターのKです!


今回は、来年度入社予定のIさんとの

懇親会兼ランチ会についてです(o^―^o)


参加メンバーは、プロジェクトチームの採用に関わっている

3人と、来年入社予定のIさんの4人で行ってきました!!


開催場所は日創研の会員企業様のお店にお世話になりました。

 

美味しい料理を囲みながら、

お仕事のことからプライベートな

話までリラックスした雰囲気の中で行われました。








図1.jpg


 

日創研では、新入社員の方を会社全体で育てる社風があります。

入社前からスタッフとの交流を積極的に持つことにより、

どの部署に配属しても安心してお仕事が出来るように努めています。

 

明るく元気いっぱいのIさんのこれからの活躍を

来年3年目に入る先輩としてサポートして、共に成長していきたいです。


第1回TTアワード記念大会

こんにちは!
今回は、先日開催された『TTアワード第1回記念大会』についてです。

10月8日(月)に開催されたこの大会。
東京を本会場として、札幌・大阪・名古屋・広島・福岡の研修センターをリアルタイムで中継し、600名を超える方々にご参加いただいて開催されました。




内容は、弊社カリキュラムのひとつ、TTコースを学ばれた方の中から、特にすばらしい経営をされている企業様を審査、選出し、受賞者の方々に賞の授与とともにご講演をいただくというものです。

このTTコースとは、主に経営者の方や経営幹部の方が受講される研修です。
約8ヶ月間、経営や人財育成について学び、会社の発展永続に役立てていただくものです。

今回は、TTコースを修了後も会社の発展永続のために学び続けていらっしゃるたくさんのご受講生の中から、5部門各1企業を表彰させていただきました。

受賞者の方からご講演をいただくことで、同じ学びの仲間がどのように学びを活かして、どのような活躍をして、会社の発展永続に繋げているかを、お越しいただいた皆様に学んでいただくプログラムになっています。

TTコースは年に1回開催される研修で、今年で31回目になります。
毎年約250名のご受講生がいらっしゃるので、31回ともなると、約8,000名のご受講生の中から5企業を表彰するという壮大な大会になるのです。

全社をあげての一大イベントなので、並々ならぬ気合いで全社員が準備と運営に当たりました。
日創研の良いところは、ひとつの目標が決まるとそれに向かって全員が全力で動けるところです。
今回も各研修センターの運営委員が綿密に連絡を取り合い指揮をとり、全社員が連携して大会を終えることができました。



学生さんでも文化祭や学園祭など、何かイベントを開催するときには目標を決めて、人員を配置して、当日運営にあたる、という経験があるかと思います。

日創研は研修開催を行う会社なので、ある意味毎日がイベントです。
どの研修でも目標を決め、人員配置をして運営開催に当たります。
何かを成し遂げるためにはチームワークが不可欠です。

日々の業務の中で培ったチームワークをイベント(研修開催)発揮して、お越しいただいたお客様(ご受講生や企業様)に喜んでいただく。
仕事ではあるのですが、わくわくしながらみんなで一丸となって動いています。

今回の大会で、私たち日創研スタッフのチームワークもより一層高まりました!
今後の研修開催に活かして、ご受講生により良いご体験をしていただけるよう一同頑張ります!


日本創造教育研究所(日創研)

配属決定(*^∇^)ノ

皆様、こんにちは!
新入社員のNです!!

私事ですが10月に入り入社から半年がたち、
正式に経営支援部に配属となりましたヾ(=^▽^=)ノ
皆様、今後とも宜しくお願いします!

以前もお伝えしましたが、日創研では入社後、研修部門と経営支援部の
両方のお仕事を体験してから正式な配属が決まります!

実際、私も4月から7月まで研修部門、
8月から9月まで経営支援部のお仕事を体験させて頂いておりました。
どちらの部門も魅力的で悩んでいましたが、
何回か面談をして頂き、私の意見も聞いて頂いた結果、今回の配属となりました♪

そして、10月1日付けで正式な辞令も頂き、
いよいよだなと感じております(*^-^)

 
IMG_9296.JPG

現在は月に何回か先輩方が勉強会を開いてくださり、
経営支援部のお仕事の勉強をしております。
今月は月7回ほど開催して頂く予定です♪

先日は会社概要をプレゼンできるようにするために
勉強会を開いていただきました。合計6回のシリーズでこれから教えて頂きます☆

 
6261F99B-7976-4F13-AF1D-ECA980FEAE84.jpg

入社させて頂いてから会社のことを勉強していたつもりでしたが、
うまく説明することができず、相手に伝えるというのはまた違うなと勉強になりました。

人に伝えるときに「このお話で何を伝えたいのか」を考えて話す重要性を改めて感じ、
毎日お客様とお電話にてお話させて頂く際も一緒だなと感じました。

プレゼンテーション能力はどんなお仕事にも役に立つと思いますので、
今後も先輩方に教えて頂きながら頑張りますヽ(*^^*)ノ

プロジェクトチームのリーダーミーティング

こんにちは!

東京センター Oです(*^^*)


今日は社内活動のひとつ、

プロジェクトチームのリーダーミーティングの紹介をしたいと思います。


プロジェクトチームとは、

いろいろな目的を実現させるために、組織された集団のことです。

社内の各部署から適任であると思われる方が各プロジェクトチームに集まってます。

東京センターだと、1チーム46人くらいで活動しています。

s_Image-1.jpg


☆人材育成チーム  ☆顧客満足チーム ☆採用チーム  ...など、全部で7つのチームがあり、スタッフ全員どこかのチームに所属しています


今日は、そのプロジェクトチームのリーダー・サブリーダーが集まり先月の活動報告や進捗、時には他のチームとのコラボレーションのお願いなど、端的に伝えます。

その後アドバイスをもらいます。

s_Image-2.jpg


リーダー・サブリーダーはベテランの先輩スタッフが中心ですが、中には入社2年目のスタッフが抜擢されていたりします!

私は、顧客満足チームのチームリーダーをしていますが、

サブリーダーは入社2年目のSさんです

ヽ(○´∀`)人(´∀`○)ノ

ベテラン先輩スタッフが発表する中、今日は彼女が率先して活動の発表をしてくれました!

頼もしい!

これからもプロジェクトチームや東京センターを盛り上げていきます☆



s_Image-3.jpg
日本創造教育研究所(日創研)