2020年2月アーカイブ

理念と経営2月号

みなさま、こんにちは!

東京センターのIです。


最近は暖かくなってきたかな?と思ったら急に寒くなったり、

コロナウイルスやインフルエンザが世間を騒がせていたり、、、

今月は特に体調管理に注意しなければならない月ですね!


さて、今回は月刊『理念と経営』2月号にて、

私が特に気になった記事を紹介したいと思います。


今月号はP.18〜29にて、企業文化・社風についての特集が組まれています。

その中でも私が特に興味を持ったP.27〜の株式会社アポロガス社長 篠木雄司氏の

「変化対応能力で生き残る」という記事について書かせて頂きます。


ブログ2月.JPG


まず、企業文化・社風というものは、目には見えませんが確実に存在し、

社員たちに大きな影響を与え、企業の在り方を左右する力となるものです。

今がかつてないほどの変革期であるため、

環境の変化に応じてビジネスの在り方も変わらざるを得ないからこそ、

企業文化も変えないと生き残れない時代です。


イノベーションが生まれやすいか否かは企業文化とストレートに結びついてきます。

社長に対して社員が自由に意見を言えるこということは、よい企業文化をつくるための大前提です。

そして、そのようなオープンネス(開放性)があればイノベーションも生まれやすくなります。



私が注目した「変化対応能力」についてですが、

P.27に「今年入学の小学生の65%が今は存在しない企業に就く!?」という小見出しがありました。

この問題に対して篠木氏は、

どんな変化にも柔軟に対応できる社風をつくるということに思い至り、

なによりも「変化対応能力」のある人材を育てることが大切だと思ったとのことです。

新入社員研修では、業務に関係することはほとんどなく、とにかく「未経験なこと」を経験させるそうです。

誰しも初めてのことにはストレスを感じ、

やり遂げるまでにたくさんの大変なことに遭遇します。

それを乗り越えようと考え、行動し、うまくいかない時はもう一度考え直し再トライする中で、多くを学び、成長する。

この経験を通し、前向きに生きる姿勢を持ち、チャレンジ精神や変化対応能力を磨くことに繋がっていくのだと言います。


私は新卒ながらもどのような人材を育てていきたいか?と問われたら、

常に問題意識を持ち、より良くしていこうという考えを共有・提案できる人材と答えます。

この記事にも、企業文化を変えるためには、

若手や女性、新入社員の意見に耳を傾けることが大切だと書かれていました。

私自身が来年度は2年目として意見を提案していくのはもちろんですが、

入ってきた新卒の方が新卒ならではの視点を大事にして頂けるような関わりをしていきます。

新しい環境に身を置いてギャップを感じる分、

会社の良いところ、または改善すべきところもよく見えてくるのではないかと思います。

その部分を引き出して提案に繋げていけるように、

または私自身が補える部分であれば補い、

物事に対して常に問題意識を持って頂けるよう取り組んで参ります。



東京センターI

🌟好評開催中🌟


みなさま、こんにちは!!

大阪センターのNです。

未だ、インフルエンザやコロナウイルスが猛威をふるっておりますが
みなさま、お変わりないでしょうか。

日創研でも、多くの方が出入りされますので、
コロナウイルスの対策をおこなっております。

お客様への手洗い・うがい、アルコール消毒やマスクの提供、
研修会場の加湿と換気、スタッフのマスク着用などなど。
みなさまが、安心してセミナーをご受講いただけるよう努めております。

気温の変化も激しく、体調の変化を崩しやすい時期でもありますので
みなさまもご体調の管理にはくれぐれもお気をつけくださいませ。



さてさて、今回は日創研の採用活動についてご報告です。
来月は、いよいよ 採用情報の解禁・エントリー受付がスタートします。
就活生が本格的に動き出す時期です(; ・`д・´)

先日、日創研でも会社説明会を行いましたが
前回よりも多くの学生さんにご参加をいただきました!!

Photo_20-02-10-14-09-08.004.jpg
今回は、大阪をメインにして、東京・名古屋をつないで開催✨

話を聞く姿も非常に真剣で、就活に対する意欲やモチベーションの高さを感じました。

こちらも誠心誠意、本気で関わらなければ🔥と、身が引き締まる思いでした。


会社説明会も引き続き、開催を予定しております。
今後も多くの学生さんとお会いして、日創研の魅力を伝えていけるように
頑張ります(`・ω・´)!!


🌼日創研の採用情報は👉こちら をcheck♪




大阪センター N