月刊「理念と経営」をもちいた人財育成法!

みなさん、こんにちは
東京センターのKです。

今回は、日創研で行っている、
月刊「理念と経営」をもちいた全社運動の取り組みについてご紹介いたします!


月刊「理念と経営」とは・・・
「中小企業に活力を与える経営誌」
人と企業に光を当てた経営誌として、多数の企業事例を掲載してきました。
多くの中小企業の方にご愛読いただいています!

理念と経営.png



















コロナ禍のなかで業績を回復するには、
全社一丸となり経営に取り組んでいくことが必要不可欠です。

実は、月刊「理念と経営」では、コロナ禍になる以前から、
全員経営の重要性を「社長力・管理力・現場力の三位一体論」として、
「企業の成功法則」と位置づけてお伝えしています。



★「三位一体論」 各月の記事の一部をご覧いただけます!


理念と経営 三位一体.png












日創研では、その記事を人財育成の一環として、全社を挙げて取り組んでいます。

まず、より深い学びを得るために、感想文を記入しています。
経営者層は「社長力」、幹部社員は「管理力」、一般社員は「現場力」について感想文を書きます。アウトプットすることでより自分事と捉えることができ、どのように業務に活かしていくかを考えることが出来ます。

そして、お互いを知り、職場の活性化をはかるために、
書いた感想文をスタッフ同士で読み合って、選考基準に当てはまる方に投票します。
自分以外の意見を読むことが、とても勉強になるんです!

🖋 選考基準 🖋
①自分事として捉えている
②具体的な改善や提案が盛り込まれている
③記事の意図を深く理解している 



さらに、一番投票の多かった方の感想文は、皆で共有し、賞状を授与しています

20201009表彰.png














全センターのスタッフも画面越しに拍手を送ります👏

20201009東京図1.png














月刊「理念と経営」をもちいた全社運動の取り組みはいかがでしたでしょうか?

日創研スタッフ一同も取り組み、その良さを実感しているからこそ、
少しでも皆さんの人財育成のヒントになればと思い、ご紹介させていただきました。

月刊「理念と経営」をぜひお役立てください!